公開履歴
女性の脚と花

日本人は疲れを癒すために温泉に入るのを好みますが、多くの人が入浴すれば水虫に感染している利用者がいる可能性があります。
現在日本では5人に1人が水虫の症状を自覚しているので、5人以上入浴していれば感染者が1人いてもおかしくはありません。
温泉で水虫をうつされないようにするには、足ふきマットを使わないことです。
足ふきマットは水分でジトジトしており、近くには温泉からの蒸気で温度が高くなっているので、白癬菌が大好きな場所です。
白癬菌が繁殖している場所を踏んでしまえば、感染するのは避けられません。
そこで足ふきマットのように共有する物は絶対に触れないで、マットはまたいで自分のタオルで水気をぬぐいます。
脱衣場も水滴が落ちているので白癬菌が潜んでいます。
いつ足の裏に付着するか分からないので、濡れたら丁寧にタオルで吹きます。
温泉に入った後は皮膚がふやけますが、柔らかい状態は白癬菌が侵入しやすいので足の裏はできるだけ乾燥させます
温泉施設で使うスリッパは、もちろん個人用でない限り使いません。
個人用でなければ自分で新品を持参します。
スリッパは通気性の良いデザインだと乾燥させやすいです。
施設で細心の注意を払っても、自宅に帰ったら必ず足を洗います。
万が一水虫に感染していれば、自分の家に白癬菌を拡散させてしまいます。
白癬菌は乾燥した場所だと死滅しますが、洗面所やお風呂場のような湿気が多い場所で生き残ることができます。
家族と一緒に暮らしていたら、家族にもうつしてしまう危険性があるので、ベッドに寝転がったり家中をウロウロする前に、足を洗うことを優先します。
繁殖力が高いので、足の裏全体だけでなく指の間も入念に洗います。
また、水虫は足だけではなく頭にも感染すると言われています。
頭の水虫のことを(しらくも)と呼びます。
頭部にしらくもが感染すると主に脱毛症状が現れてフケなどが出てきます。
しらくもを治す方法は真菌を退治しなければなりません。
ケトコナゾールという成分はフケ、抜け毛、水虫を治す効果があります。
ケトコナゾール配合のシャンプーも存在するので、これを使ってしらくもを治すことが可能です。